カードをめくってお題に答える8冊の本で「タコ」紹介

TAKO BUNKO FILE 17 かないきよし 金井清

生船研究会

2021

1冊目

お題

ずっと読んでいた雑誌

答え

ナショナルジオグラフィック

日経ナショナル ジオグラフィック社

1888に創刊されたアメリカの雑誌。地理が好きで、美しい写真が気に入り、秘境の好きな父と2人で読んでいた。

2冊目

お題

誰かと一緒に読みたい一冊

答え

明石

稲垣足穂 / 小山書店

私の育った東戎町、新浜のことを書いた本はこの本だけかもしれません。明石人気質をするどく読み解いています。明石の人は故郷を大事にしないらしい。

3冊目

お題

今、読んでいる一冊

火縄銃から黒船まで 江戸時代技術史

奥村正二 / 岩波書店

江戸時代の技術史。江戸時代は対外戦争が無く平和が続き大きな技術の進歩はなかった。黒船がやってきて日本人は目覚め、すぐ追いつき追い越した。

  • 10 | 0
  • 13 | 9784000091312

4冊目

お題

何冊も持っている一冊

明石浦の布団太鼓

岩屋神社布団太鼓保存会 編集 / 明石発動機工作所

明石城下8台の布団太鼓の写真集。東戎町の布団太鼓が50数年ぶりに宮入を復活させた。かつてのにぎわいを写真集にまとめた。新浜の漁師のかつぐ太鼓はいせいがよく伊勢音頭を唄いながらの演技は多くの観客を魅了した。

  • 10 | 0
  • 13 | 9784790711025

5冊目

お題

繰り返し読んだ一冊

透明な力

木村達雄 / 講談社

日本柔術の至宝“合気”、その唯一の使い手といわれた大東流佐川幸義の語録。合気は技術であり、技術は進化しつづける、これでおわりということはない。

  • 10 | 0
  • 13 | 9784062070775

6冊目

お題

プレゼントしたい一冊

答え

最後の明石型生船 第拾壱盛漁丸

金井清 編集 / 生船研究会 編集 / 明石発動機工作所 / 生船研究会

明石型と名付けられた活魚運搬船の写真集。かつて7000隻も作られた明石発祥の活魚運搬船は今一隻を残すのみとなった。最後の一隻となった美しい明石型生船の写真と明石焼玉発動機産業の解説。明石の貴重な産業遺産です。

7冊目

お題

最近、読んだ一冊

裏切られた自由

ハーバート・フーバー 著 / ジョージ・H・ナッシュ 編 / 渡辺惣樹 訳 / 草思社

アメリカの第31代大統領フーバーの回顧録。歴史は勝者によって書きかえられる。都合の悪いことは封印される。学校では教えていない歴史の断面、考えさせられる。

  • 10 | 0
  • 13 | 9784794222756

8冊目

お題

飾っておきたい一冊

答え

復刻版 NIPPON

金子修一 監修 / 国書刊行会

1934年~44年まで、日本を海外に紹介するグラフ誌。美しく、センスの光るたくさんの写真と印刷技術で日本の文化、産業をうつし出したレベルの高い雑誌。戦前の暗くて悪いイメージはふきとぶ。

  • 10 | 0
  • 13 | 9784336043894
2021たこ文庫の人